ジャングルの秘宝
ボックス
形態 ボードゲーム
原題 Dschungel-Schatz
デザイナー Roberto Fraga
メーカー HABA
人数 2〜4人
時間 10〜20分
対象年齢 6歳以上
価格 ¥3,800
トレジャーハンターを待ち受ける数々の冒険!
制限時間内に金塊を集めて、ジャングルから帰還できるか!?



プレイヤーはトレジャーハンターとなり、
ジャングルに分け入って、マヤ文明の伝説の金塊を集めます。
でも、ジャングルには危険と冒険がいっぱい!
ぐずぐずしてはいられません。

このゲームのユニークなところは、手番プレイヤーの他に、
別のプレイヤーが“ジャングルの番人”になることです。
番人は、砂時計を隠して持ちます。

手番プレイヤーは、色とりどりの石が入った袋から、
中身を見ずに1つ引き、黄なら金塊をキープ。
それ以外の色なら、山札からカードを引いて、
そこに指示されているアクション(冒険)を実行します。

アクションには、
「場に伏せたタイルから、目当ての動物を捕まえられるか?」
「お面のイラストとマッチする石を探し出せるか?」
「全プレイヤーが参加して、場のコマをいち早く取れるか?」
といった、愉快でドタバタなアクションがてんこ盛り!
見事アクションを成功させると、金塊をキープできます。

その一方、ジャングルの番人は、砂時計で制限時間をチェックします。
もちろん砂時計は、手番プレイヤーには見せません。
手番プレイヤーは好きなだけアクションを繰り返して、
金塊を増やせますが、程よいところで「ストップ!」と宣言。

その時……! 砂時計の制限時間がまだ残っていたら、
それまでにキープしていた金塊をすべてゲット!
でも、アクションにがんばりすぎたり、欲をかきすぎて
制限時間を過ぎてしまったら、金塊は全部没収されてしまいます!

こうして、プレイヤーとジャングルの番人が
順ぐりに移っていって、ゲーム終了時に最も多くの
金塊を集めていた人が勝利!

アクションをすばやく解決することと、見えない砂時計の制限時間を
感覚で察知すること、さらに、「ストップ!」をかけるタイミングが
勝敗を分けるでしょう。

にぎやかにワイワイ遊びたい時に、最適のゲームです!

全景